f:id:tebukuronosenkusha:20170306092837j:plain

最近、痩せたいと思っている人たちから

注目を集めている「糖質制限ダイエット」。

みなさんも一度は耳にしたことがあるんじゃないでしょうか?

ただ、糖質制限ダイエットにはきちんとした方法・やり方があり、

正しく行わないとダイエットに失敗したり、リバウンドしたりしてしまいます

せっかく食事に気を遣ってダイエットするのですから、成功させたいですよね?

ということで、今回は糖質制限ダイエットの方法と失敗例を通して、

リバウンドしないための正しいやり方についてまとめていきます。

糖質制限ダイエットの方法

糖質制限ダイエットは、名前からもわかるように

1日に摂取する糖質を制限する」ことによって、

体内の脂肪分を燃焼させ、痩せるというダイエット法です。

一日に摂取する糖質の量を20~50g以下に抑えて食事することで、

体内の脂肪が燃焼されやすくなるのです。

糖質制限ダイエットの具体的な手順は以下のような感じです。

①食品やメニューに含まれる糖質の量を調べる

②糖質の量を抑えた食事をする

③数週間経つと体重の減少が実感できる

f:id:tebukuronosenkusha:20170306100119j:plain

「誰でも手軽にできる」といったダイエットとは違い、

糖質制限ダイエットはかなり手間と時間がかかるダイエット法です。

ただ、しっかりと行えば確実に体脂肪を減らすことができる方法でもあります。

まずは、1日に摂取する最大の糖質を決めてみましょう。

(理想は20g以下ですが、初めの頃はもう少し多くても構いません)

そして、決めた糖質をオーバーしないように、1日に食べるものやメニューを考えます。

(面倒な方は色々とあるレシピから、糖質の少ないものを選びましょう)

スポンサーリンク

失敗例

よくあるのが、

・甘いスイーツを食べてしまった

・油断して食べ過ぎてしまった

といった、「我慢するのが苦手な方が糖質制限を急にやめてしまったことによるリバウンド」です。

また、「実は糖質を摂りすぎていた」というのも糖質制限ダイエットの失敗例として挙げられます。

ですから、前述の

①食品やメニューに含まれる糖質の量を調べる

部分が非常に重要になってくるわけです。

ここのリサーチが足らないと、「苦労しているのに体重が減らない」、

「メニューを変えたことで逆に体重が増えた」といったことが起きてしまいます。

ネット上にも、色々と糖質制限ダイエットのレシピは存在するので、

ぜひそれらを参考にした食生活を送ってください。

注意したいこと

ということで、糖質制限ダイエットは「食事の糖質を制限する」ものであり、

それにより脂肪を燃焼させ、理想的な体を手に入れることができるのです。

ただ、ここで注意しておきたいポイントがいくつかあります。

1.糖質制限≠食事制限

まず、”糖質制限”というのは”食事制限”ではないということです。

確かに、1日の食事を抜いたり、全く食べなかったりすれば、糖質は制限できます。

しかし、それではリバウンドの可能性が高くなるだけですし、第一、身体にはよくありません。

2.たんぱく質・野菜をとる

f:id:tebukuronosenkusha:20170302191123j:plain

糖質制限ダイエットを行っていくと、

どうしても日々の活動に必要な栄養素まで減らしてしまいがちです。

ただ、それによって体調を崩してしまっては本末転倒です。

たんぱく質や野菜はしっかりと摂るように心がけることが必要です。

(もちろん、野菜にも糖質は含まれるため、そこらへんのリサーチは徹底して行う必要があります)

まとめ

いかがでしたか?

今回は糖質制限ダイエットの正しい方法に関してまとめてみました。

色々と調べたり、自分で食べるものを考えたりするのは面倒かもしれませんが、

継続して糖質制限を行うことで、体脂肪を減らすことができるはずです。

ダイエットは正しい方法で、身体にl気を遣って行いたいものですね♪

さて、スリムな体作りを目指す人たちの間では、

自宅で簡単にできる運動として「スロージョギング」も注目されています。

狭い部屋でもカロリーを消費することができるスロージョギングは

運動習慣のない人や、高齢の方にもおすすめです!

ぜひ、チェックしてみてください。

●おすすめ記事

スロージョギングは室内でも効果あり? やり方を徹底解説! – ヲタクは平穏に暮らしたい

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク