f:id:tebukuronosenkusha:20170322141543j:plain

「目の前にミジンコのようなものが動いている・・・」

「小さいムシのようなものが、目で追いかけると逃げていく」

・・・そんな”飛蚊症”の症状に悩まされる方も多いと思います。

私自身、生理的飛蚊症に悩まされている人間の1人です。

目の前に現れるミジンコのようなもの・・・

特に読書するときなんかは鬱陶しくて仕方ありません。

特に「生理的飛蚊症」の場合は、

眼科での治療が行われない場合がほとんどで

「(症状に)慣れるしかない」というのが一般的です。

・・・でも、そうは言ってもやはり何とかしてクリアな視界で過ごしたいものですよね?

そこで、インターネットで飛蚊症についてと、症状を改善する方法を調べてみました。

調べていくうちに、どうやら”飛蚊症”は

食べ物や生活習慣次第で症状を緩和できる可能性があることがわかりました。

これを読んでいるみなさんもきっと、

何らかのきっかけで飛蚊症について興味を持ったり、

あるいは実際にその症状に悩まされたりしていることだろうと思います。

 

ということで、今回は飛蚊症の症状とそれを改善するための

「ルテイン」に関する情報をまとめていきます。


飛蚊症の症状

飛蚊症はざっくり言うと、

「目の前に蚊・糸くずのようなもの」が見えてしまう症状

のことを言います。

私の場合、白い壁や青空などを見たときに、視界にミジンコのようなものが映って見えました。

f:id:tebukuronosenkusha:20170322143056j:plain

飛蚊症には

・生理的飛蚊症

・病的飛蚊症

の2種類があるとされています。

私の場合、「生理的飛蚊症」だったため、病院での治療は必要ありませんでしたが、

後者の「病的飛蚊症」は、深刻な目の病気のサインであるため、病院での適切な処置が求められます。

視界に異物が見えるようになったら、早めに眼科へ行って、

病的なものなのか、あるいはそうでないのかをきちんと医師に診断してもらいましょう

病的なものだった場合、適切な医師の治療を受けることで

深刻な目の病気を防いだり、症状を改善したりすることができるでしょう。

ただ、問題なのが生理的飛蚊症です。

なぜなら、一般的には生理的飛蚊症の処置は

「消えるのを待つ」といったものがほとんどだからです。

そんな生理的飛蚊症について、詳しく見ていきましょう。

生理的飛蚊症の原因

そもそも、生理的飛蚊症はどういったことにより発症してしまうのでしょうか?

実は、目の前に見える糸くずやミジンコのような物体は、

眼球の”硝子体の濁り”によるものだとされています。(

硝子体というのは、目から入った光を網膜に映す、透明なゼリー状の組織です。)

硝子体が濁ってしまう理由として「老化によるもの」が挙げられます。

硝子体が古くなったり、酸化したりすると、壊れた硝子体の組織が視界に映るようになってしまうのです!

しかし、私を含めて20代前半からでも飛蚊症を自覚する人はいます

実は、こういった人たちの硝子体もある意味で「老化」が進んでいる可能性があるのです!

では次に、私の体験談をもとに若い世代の人たちが

飛蚊症を自覚するようになる原因について見ていきましょう。

●私の体験談

私が生理的飛蚊症になったのには、色々と思い当たる節があります。

実は、飛蚊症を自覚するようになるまで、

半年ほどパソコンを長時間操作する生活を送っていたのです。

多いときはパソコンの前に12時間以上座っていました。

f:id:tebukuronosenkusha:20170323053327j:plain

実は、紫外線やブルーライト(スクリーンからの目に有害な光)は、

硝子体の組織を酸化させたり、変質させたりすることがあるそうです。

(網膜にもダメージを与えることがあるとか・・・)

 

私の場合、目に紫外線が差し込み、飛蚊症を発症したのだと思っています。

もしかすると、サラリーマンの方は、当時の私のように

否が応でも毎日パソコンに向き合わなければならない状態なのかもしれません。

また、最近の若い人たちは常にスマートフォンの画面にくぎ付けにされているように思われます。

目が紫外線によってダメージを受けてしまったがために、

その結果として飛蚊症を発症してしまうケースもあるんじゃないでしょうか?

さて、そんな飛蚊症に有効であるかもしれない栄養成分として「ルテイン」が有名です。

なんと、ルテインを摂取することで、目の組織を保護したり、酸化を防いだりするそうなんです!!



では、そんなルテインを含む食べ物を、ランキング形式でチェックしてみましょう!

ルテインを多く含む食べ物

 1.ケール

f:id:tebukuronosenkusha:20170323055010j:plain

「ケール」って知っていますか?

みなさんにはあまり馴染みのない野菜何じゃないかと思いますが、

実はこのケールにはたくさんのルテインが含まれることが明らかになっています。

主に青汁やドリンクなどの製品に含まれていることが多く、

そういったものからルテインを摂取することが可能です。

2.ほうれん草

先ほど紹介した「ケール」に比べると含有量は少なくなってしまうのですが、

ほうれん草にもルテインが含まれています。

ほうれん草はみなさんにもなじみのある野菜だと思うので、積極的に摂取したいものですね♪

f:id:tebukuronosenkusha:20170324112457j:plain

3.ブロッコリー

また、ブロッコリーにもルテインが含まれています。

シチューやサラダなど、様々な料理に活用できそうです♪

f:id:tebukuronosenkusha:20170324112552j:plain

・・・他にも、カボチャやキャベツ、枝豆などにもルテインは含まれます。

飛蚊症の改善のためにも、日々野菜を摂るように心がけることが大切なんですね!!

(ちなみに、横着な私は野菜ジュースなんかで代用しちゃってますが(笑))

まとめ

いかがでしたか?

今回は飛蚊症の原因と、それを改善しうる「ルテイン」についてまとめてみました。

(ただ、ルテイン摂取による飛蚊症の改善については、

医学的・科学的に効果があるかどうかについては、色々な意見があるようです・・・)

何はともあれ、目の異常をきっかけに、自分の身体や健康の大切さを自覚したいものです。

・・・ひょっとすると飛蚊症は、身体を酷使する

「自分への警告」なのかもしれませんからね!