f:id:tebukuronosenkusha:20170401142735j:plain

ついついダラダラと操作してしまいがちなスマートフォン。

みなさんは1日に平均でどれくらいの時間、スマホ画面を眺めていますか? 

 

私は、以前は1日6時間くらいスマホをいじっていました。

1日の4分の1を、あの小さな画面を見るのに費やしていたのです!

今はスマホを手放しており、もっと有意義に時間を過ごしていますが

もしかすると以前の私のように

「休日はずっとスマホ」

の人は意外と多いのかもしれません。

 

スマートフォンで色々な情報を得たり、

楽しんだりするのは悪いことではありませんが、

やり過ぎると身体に悪影響を及ぼすことが知られています。

あんまりスマホばかりいじっていると、

「スマホ老眼」、「スマホ首」なんて症状に悩まされるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

 

ということで、今回は若い世代の人も悩まされる

「スマホ首」の症状や治し方について見ていきましょう。

スマホ首の症状

電車内でスマホを操作している人たちの姿勢を見ると、

猫背だったり、頭をほぼ真下に向けていたりと、

身体に負担を強いるような体勢であることが多いように感じます。

 

特に、ずっと頭を下げた状態でいると、

「スマホ首」になってしまいがちです。

これは、スマホのやり過ぎで首に負荷がかかっている状態のことをいいます。

スマホを操作しているときに、

肩が凝ったり、首が痛くなったりするようになったら、

黄色信号です。

 

スマホ首がさらに悪化すると、

手がしびれたり、めまいや疲労を感じたりするようになります。

 

それだけにはとどまりません。

 

実はスマホ首は、

首や肩、手だけではなく他の身体の部位にも影響を与える

ということが明らかになっています。

 

首に過度の負担がかかることによって、

消化器官や内臓などが圧迫される形になるため

それによって「首」とは関係ないような部分にまで

障害が生じてしまうのです。

 

胃のむかつきや吐き気、めまいなどの症状を感じるようになったら

かなり重度のスマホ依存症だと言えます。

 

スマホを長時間使うことは、首や腕といった部分だけでなく

私たちが生活する上で、一番大事な器官である

「目」にも大きな負担をかけることになるわけです。

 

目がスマホに釘付けになってしまうことによる

「スマホ老眼」は有名ですよね?

 

また、スマホの画面からの「ブルーライト」ですが、

いくらフィルムを貼っていたり、照度を低くしていたりしていても

やはり「長時間」みることで様々な障害を引き起こす可能性があります。

 

・・・ここまで症状が酷くなるまで、

人を惹きつけてしまう「スマホ画面」ってちょっと恐ろしいですね?

では、そんなスマホ首はどのようにして治すことができるのでしょうか?

スポンサーリンク

スマホ首の治し方

首に負担をかけるのをなくすことで、

スマホ首の症状は改善されるはずです。

毎日のスマホ操作時間をちょっと短くしたり、

首に負担をかけて画面を見ないような工夫が必要です。

f:id:tebukuronosenkusha:20170402053620j:plain

ここでは、スマホ首の人がその症状を和らげるためにできる、

首のストレッチ法をご紹介します。

ストレッチ法

首の体操を行い、筋肉をほぐすことで、

スマホ首を改善することができます。

 ①首を前後にゆっくりと動かす

②首を左右にゆっくりと動かす

③首をグルグル回して凝りをほぐす

あまり動かすことのない首を、

ストレッチによって姿勢を正したり、

血行を良くしたりすることができます。

かなり簡単なストレッチ法ですが、

反復して行うことによって、首が自然な状態に戻り、

凝りや痛みは改善されるはずです。

ぜひ、一度試してみてください。

※ ただ、症状が重い人は早めに病院に受診することをおすすめします。

休憩、してますか?

ストレッチよりも何よりも一番大切な対策、

それが「休憩」です。

 

みなさんはスマホをいじるとき「休憩」してますか?

スマホ首とかスマホ老眼と入れるのは、

あまりにも酷使され続けてきた器官が

「悲鳴を上げて訴えかけている」と言い換えることもできます。

 

・・・というか、悲鳴をあげている時点で

体はかなりヤバい状況にあると言ってもいいでしょう。

ですから、そういった体のSOSが発せられる前に

きちんと対策しておく必要があるわけです。

例えば15分おきに、1回スマホを見るのをやめたり

遠くを見るようにするといった心がけをするだけで、

こういったスマホ関連の症状は改善することができます。

 

スマホのゲームをやってると

ついつい長時間画面を見てしまいますからね~。

 

あらかじめ自分がやる時間をセットしてタイマーをかけておいたり、

強制的に長くゲームをやらないような状況にしておく、といった工夫が必要です。

やっぱり「使用時間」がポイント

万が一そういった症状に悩まされるようになってしまった場合は、

ストレッチなどを行うのはもちろん、

使用時間を大きく減らすことを検討してみてください。

 

使用時間が減れば、当然のことながら

体への負担も減り、自然に治癒する時間も短くなります

 

そうすれば、首こり・肩こりといった痛みから解放され、

快適な生活を送ることができるようになります。

まとめ

日本ではかなり多くの人が日々、スマートフォンに触れています。

若い世代の人で、首や肩に異常を感じるようになったら、スマホ首の可能性が高いです。

・・・人間の身体は正直です。

無理をさせていると、必ずどこかが悲鳴を挙げます。

しっかりと身体をケアしてあげることも大切ですよ♪

 

さて、首の話に関連して、みなさんは「ぎっくり首」ってご存知でしょうか?

これはある日突然、首が動かせなくなってしまうものなのですが・・・。

気になる方はぜひ、「ぎっくり首」の記事もチェックしてみてください♪

ぎっくり首の正しい治し方 完治までの期間を最短にする方法

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク