f:id:tebukuronosenkusha:20170301123817j:plain

「夜、寝たはずなのに体がだるい・・・」

「寝たいのに何度も起きてしまう」

なかなか熟睡できない悩みを抱える人も多いと思います。

毎日、仕事をしなくてはならないサラリーマン、

キャリアウーマンの方は特に「熟睡したい!!」という気持ちが強いと思います。

そんな多くの人の悩みを解消すべく、

色々と熟睡する方法について調べてみた結果、

「寝る前の行動」によってその後の睡眠の質が変わってくる

ことが明らかになりました!!

つまり、寝る前の行動次第で、あなたも熟睡できるようになるのです!

一体、寝る前にどんなことをすればいいんでしょうか?

スポンサーリンク

 

今回は、熟睡するために寝る前におすすめの行動をまとめてみました。

寝る前のストレッチが効果的

実は、寝る前に軽くストレッチを行うことで、熟睡するようになれるのです!

ストレッチをすることで得られる効果として、以下のようなものが挙げられます。

・疲れを残さない
・筋肉をほぐす
・リラックス効果

身体の凝った筋肉をほぐして、血行を良くすることで疲れが残りにくくなります。

また、ほどよく身体を動かすことで、

リラックスモードになり、眠りにつきやすくなります

おすすめのストレッチ

f:id:tebukuronosenkusha:20170403123830j:plain

ベッドや布団に寝転がり、大きく伸びをするように両手両足を伸ばします。

無理をしない程度に伸びを繰り返します。

大の字に大きく手足を伸ばしてみても良いでしょう。

その後、両手両足を天井にむかって上げて、ブラブラ揺らします。

これを繰り返すことで、手足がジワ~ンと温かくなってきたら完了です♪

そして、実は私たちが普段やってしまう行為の中に

「良質な睡眠を妨げるもの」も存在します。

次に、”寝る前にやるべきではないNGな行動”に関して見てみましょう。

スポンサーリンク

寝る前にNGな行為

 ・スマホやパソコンの操作

「寝る前にスマホを見るべきではない」

これはもはや誰もが知っている情報だとは思いますが、

多くの人がそれを知りながらもついついスマホをいじってしまいます。

友達から連絡がきたかどうか、

SNSではどんなことが話題になっているのか、気になってしまいますよね(笑)

f:id:tebukuronosenkusha:20170403061905j:plain

ただ、寝る前にスマホやパソコンの画面を見ることは、

ホルモンの分泌を妨げたり、体内時計を狂わせたりする原因となります。

そもそも、スマホをいじるのなんて、寝る前じゃなく、

朝起きた時であっても支障はないはずです。

それなら、夜ぐっすりと寝て、朝にチェックする方が合理的ですよね?

ということで、寝る前、いや

入浴前には「スマホの電源を切る」という習慣付けをしておくと良いでしょう。

・飲食

寝る前に「ちょっとだけ・・・」とお菓子を食べたり、

お酒を飲んだりしていませんか?

「お酒を飲むと眠れる」と考えてしまう人も多いかもしれませんが、身体には良くありません。

胃腸を活発化させたり、取り入れたものを分解させるために

身体を活発化させてしまう原因になります。

中途覚醒の治し方は? おすすめの5つの改善方法を紹介

そうなると、夜中に起きてしまったり、なかなか寝付けなかったりしてしまうのです!

理想としては、寝る2~3時間前からは(水やお茶などをを除いて)何も口にしないことです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は熟睡するために、夜寝る前にやっておきたいこと、

やってはいけないことに関する情報をまとめてみました。

ストレッチは誰でも簡単にできるし、

スマホだって電源を切れば気にならなくなるはずです!

ぜひ実践してみてください♪

自己覚醒法のやり方と効果とは? 朝、スッキリ目覚めたい方へ

 

スポンサーリンク