f:id:tebukuronosenkusha:20170408073602j:plain

現在、海外のモデルやセレブの間で流行し、

注目を浴びている「スーパーフード」。

このブログでもスーパーフードに関しては色々と書いてきましたね♪

・・・今回は、美容や健康に効果が高く、

日本でもサプリメントが発売され人気が高まっている

「スピルリナ」について取り上げていきます。

スピルリナとは?

スピルリナは、一般的な食品とサプリメントの間に位置づけられるスーパーフードの1つです。

もともとは30億年前から存在しする微細藻類の一種なんです!!

らせん状の濃い緑色で0.5mmくらいの小さな生物ですが、

過酷な環境でも生き抜く生命力の強い生き物です。

f:id:tebukuronosenkusha:20170408061243j:plain

スピルリナは藻類(植物)ですが、光合成によりでんぷんを作るのではなく、

動物性炭水化物グリコーゲンを作り出すという特徴があります。

熱帯地方に自生していましたが、約30年前から人工栽培が始まりました。

また、NASAでは宇宙食への期待から研究されています

<栄養成分>

スピルリナは栄養素を60種類以上含み、栄養価がとても高いです。

①良質なたんぱく質が約70%と豊富

アミノ酸20種類のうち18種類を含みバランスが優れています。

また、身体では作れない必須アミノ酸9種類をすべて含んでいます。

スピルリナ100g中たんぱく質は約57gと、大豆よりも多く含まれています。

②ビタミン類が豊富

特に抗酸化作用のあるβ-カロテンが豊富で、ビタミンB群はすべて含まれます

他にも葉酸、ビタミンC、ビタミンK、葉酸なども含みます。

なんと、1日のβ-カロテン(緑黄色野菜分)を

約4gのスピルリナで摂取することができるのです。

f:id:tebukuronosenkusha:20170306100119j:plain

③ミネラルが豊富

亜鉛、カリウム、カルシウム、リンなど・・・。

特に、鉄の含有量は驚くほど高く、28.5mg/100g(人参の約450倍)もあります。

また吸収率も高く、スピルリナ10gで吸収される鉄は1.5mgにもなります。

ちなみに、カルシウムは牛乳と同じくらいで、

スピルリナ100gにカルシウム120mgが含まれます。

⑤食物繊維が豊富

さらに、スピルリナは食物繊維が多い野菜・果物と比べても

圧倒的な含有率で8%近くといわれます。

<消化吸収率の良さ>

「栄養価が高い」から「優れた食品」とは言い難いもの。

スピルリナが注目を浴びているもう一つの理由は

消化吸収率の高さです。

スピルリナは弱い膜で包まれた状態なので、

消化吸収が早く2時間程度で約95%といわれます。

豊かな栄養成分が、短時間でしっかり体に届くのです!!

<強いアルカリ性>

人の身体は弱アルカリ性で保たれますが、

酸性に傾くと体調を崩しやすくなります。

スピルリナは、酸性に傾いた身体をアルカリ性に導いてくれるのです!!

健康食品として利用されている同じ藻類のクロレラとユーグレナ(ミドリムシ)と、スピルリナはどこが違うのでしょうか? ・・・これら3つを比べると、クロレラはカルシウムや鉄の含有率が高いですが、消化吸収が遅く、弱酸性というデメリットもあります。 ユーグレナも様々な栄養素は含んでいますが、価格が高いことが最大の難点です。また100%ユーグレナのみの製品もほぼありません。 それらの観点から見ると、「栄養バランス」、「消化吸収の早さ」、「アルカリ性」、「価格」、「品質」などはスピルリナの評価の方が高いのです。
スポンサーリンク

スピルリナの効果

<免疫力アップ効果>

スピルリナを摂取すると、身体が理想とするアルカリ性に保たれます。

すると免疫細胞が活発になり免疫力アップにつながります。

また、食物繊維が約70%の免疫細胞が抽出している

腸内環境を改善するので、免疫力をさらに向上させます。

 

<アレルギー症状の緩和>

γ-リノレン酸はアレルギー症状をやわらげる働きがあります。

また、免疫力が上がることでアレルギーへの反応が改善されることも考えられます。

<ダイエット効果>

スピルリナは体内の水分を吸収して膨らむので、

食前に摂取すると満腹感が得られ食事の量が減らせます。

また、必須アミノ酸が脂肪を燃焼しやすくし、

食物繊維が便秘を解消、アミノ酸が消化酵素を活発化し代謝を上げるので、

ダイエットに成功しやすい体質に近づきます。

<便秘改善効果>

スピルリナの約8%は食物繊維で構成されています。

腸内の環境を整え、腸内の善玉菌を活発にするので

便秘解消・免疫力アップに大いに役立ちます。

<生活習慣病の予防効果>

β-カロテンの強い抗酸化作用が、生活習慣病の一因である活性酸素を取り除きます。

スピルリナに含まれる60種類以上の栄養素が多方面に働き、

肥満・高血圧・がん・脳卒中・心臓病・糖尿病などの生活習慣病予防が期待できます。

<美肌効果>

β-カロテンが活性酵素を抑制し、皮膚を刺激から守ることで肌荒れや肌老化を防ぎます。

抗酸化作用のあるビタミンE・フィコシアニンによる美白効果・シミの予防も見逃せません。

さらに、食物繊維の便秘解消効果による、美肌効果も同時に期待できます。

<育毛・美髪の効果>

f:id:tebukuronosenkusha:20170408072730j:plain

必須アミノ酸18種が、抜けにくく丈夫な髪を作ります。

発毛に関係するミネラルの亜鉛も含まれます。

葉緑素クロロフィルは全身の血流を改善するので、

頭皮まで栄養がしっかり伝わり、ツヤ・コシが出ます。

<スピルリナの摂り方>

スピルリナには粒やパウダータイプなどがあります。

サプリメントとして、簡単に摂取したい方は粒を水と一緒に飲むと手軽です。

また、パウダータイプは、水や牛乳、ヨーグルトと混ぜたり、

料理に混ぜたりしても使えます。

★おすすめサプリ


<スピルリナの安全性>

ここまで万能とも思えるスピルリナですが、安全性が気になります。

・・・驚いたことに、スピルリナは安全性に関しても「完璧」と言えます。

天然着色料(フィコシアニン)が用いられてはいるものの、

ガムやアイスクリームなど菓子類にも幅広く使われている身近な成分であり、

薬と同様の安全検査を行い、その安全性が認められています

ですから、安心して摂取することができますね♪

まとめ

スーパーフードもたくさんの種類がありますが、

スピルリナほど多くの栄養素がバランスよく含まれているものは見当たりません。

免疫力アップ、生活習慣病予防、ダイエットなどの目的のほかに、

足りない栄養素をバランスよく補うことを目的として

スピルリナを取り入れてみるのもおすすめです。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク