f:id:tebukuronosenkusha:20170323053327j:plain

みなさんが普段使用するパソコン、スマートフォン。

最近、そういった電子機器のスクリーンの「ブルーライト」が有害だという話をよく聞きます。

私自身、スマホはよく使うのですが、

怖かったのでそういった話は見てみぬフリをしていました(笑)

ただ、「飛蚊症」という目の病気になってからは、

そういったスマホやパソコンを使用することによる体への影響も気になってしまします・・・。

 

ということで、今回はよく言われる「ブルーライト」の危険性や、

それの人体への影響に関する情報をまとめてみました。

ブルーライトって何?

パソコンやスマートフォンの画面は、光の明暗や色彩によって、

文字や画像、動画を表現しています。

つまり、スマートフォンやパソコンの画面を見るということはすなわち、

「光を目に浴びせている」ということなのです。

f:id:tebukuronosenkusha:20170409122837j:plain

さて、そんなスクリーンから発せられる光にはいくつかの種類のものがあります。

我々が実際に認知できる「可視光線」だけでなく、

実際は我々が認知することができない波長の光が存在します。

 

例えば、スマートフォンの画面からは「紫外線」といって波長の短い光線が出ています。

紫外線は、長い時間浴びていると、身体に様々な悪影響を及ぼすと言われています。

そして、ブルーライトはそんな「可視光線」と「紫外線」の間の波長域に存在する光線です。

(厳密にはブルーライトも「紫外線」に分類されるんですが・・・)

では、そんなブルーライトを浴びることは、我々にどんなデメリットがあるんでしょうか?

スポンサーリンク

目に悪いって本当?

スマートフォンを使用することで、目に様々な悪影響があるとされていますが、

その一つとして挙げられているのが「ブルーライト」です。

(現在のところ科学的・医学的根拠をめぐって意見は分かれているみたいですが)

ブルーライトが目に有害だと言われる理由として、

「目に負担がかかる」ことが挙げられます。

ブルーライトは、波長が短く、エネルギーガ高いので、

目により多くのダメージを与えるそうです。

・・・そのため、目が疲れたり、病気になったりすることがあるそうです。

 

さらに、「ブルーライト」を浴びることは目を悪くするだけではなく、

元気に生活していく障害にもなりうるということも指摘されているそうです!!

生活にも支障が出る!?

実は、ブルーライトを浴びすぎると「体内時計が狂う」という報告もあります。

f:id:tebukuronosenkusha:20170409130200j:plain

ブルーライトを浴びすぎることで、ホルモンが正常に分泌されなくなり、

体内時計が狂って、眠れなくなったり、朝起きれなくなったりするそうです。

特に、夜寝る前にスクリーンを見ることは、

身体に大きなダメージを与えることになり、

最悪のケースだと「不眠症」になってしまうこともあります。

 

・・・こういったブルーライトの影響を受けないには、

やはり「スマホやパソコンを見ない」のが一番手っ取り早いんですが、

「スマホやパソコンを見るのを一切やめる」というのも、

なかなかハードルが高いと思います。

そこで、ブルーライトの影響を受けないための

「スマホやパソコンとの上手な付き合い方」について解説していきます。

スポンサーリンク

スマホ・パソコンとの上手な付き合い方

 1.ブルーライトをカットする

「ブルーライトカットシート」、「ブルーライトカット眼鏡」といった

ブルーライトを軽減する製品は数多く売られています。

実際にみなさんもこういったブルーライト対策グッズを使用しているかもしれませんね。

f:id:tebukuronosenkusha:20170409131204j:plain

ただ、そういった対策をしているからといって必ずしも大丈夫とは言えません

例えば、スクリーンの明るさはどうですか?

画面を明るくすれば、ゲームや動画はくっきり見えて楽しいかもしれませんが、

目はきっと悲鳴をあげていますよ。なるべく画面は暗めに設定し、

なおかつブルーライト対策ができるといいですね。

2.15分おきに休憩をとる

特に、スマホやパソコンでゲームをしたり、動画を見たり する人は注意が必要です。

「気づいたら2~3時間過ぎていた」なんてことが続くと、

目にもかなりのダメージを与えることになってしまいます。

理想としては、15分おきに休憩し、遠くを見たり、目を動かしたりするといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今では誰もが気軽に使うことができる便利なスマホやパソコンですが、

それによる「悪影響」の部分も知っておいて損はないと思います。

最近では、若い人たちがスマホ画面に釘付けになっている様子を多く見かけますが、

将来、彼らの身体に悪い影響が目に見える形になって出てこないか心配です・・・。

みなさんはこの際、

自分の生活スタイルとスマホ、パソコンとの関係について

見直してみてはいかがでしょうか?