f:id:tebukuronosenkusha:20170409142723j:plain

「はい、500円。これでお昼は好きに買ってね~」

母が仕事の日はいつも、母からもらったお金で

食事を適当に買って、家でひとりで食事をしていました。

寂しがり屋でもなく、自由に好きなものが食べられるということで、

私は独りで食事をすること、いわゆる「孤食」には慣れていました。

・・・最近ではそんな「孤食」は、うちの家庭だけでなく、

共働きの家庭などでも多く見られるようです。

ただ、実は「孤食」っていうのは健康的にもかなり良くないそうなんです!!

スポンサーリンク

 

今回は、高齢者や子供たちの間で広がる「孤食」とその問題点について考察して行きます。

蔓延する「孤食」

昔は、「家族みんなで食事をする」というのが当たり前でした。

ここ最近までは、日本では母親が料理を作って、みんなが席に座り、

一緒の空間で食事をする、というのが一般的な光景だったようです。

しかし、最近では高齢者や子供たちの間で「孤食」が広がりつつあるそうです。

例えば、一緒に暮らす相手が他界してしまったり、

働きに出てしまったりすると、なかなか

「決まった時間に一緒に食事をする」というのは難しくなります。

それに加え、現在ではスーパーやコンビニ、ファーストフード店に行けば

手軽に食べ物を手に入れることができます。

ぶっちゃけた話、家で数人分の料理を手間をかけて作るよりは、

各人に500円玉を持たせて好きに食事をさせる方が安く済んだり、

手間がかかったりしないんですよね・・・。

孤食は実は危険だった!?

既に多くの人が慣れてしまった孤食。

ですが、実は孤食にはかなりのリスクがあると言われているのを知っていましたか?

・・・具体的に孤食によってどんな悪影響が出てくる可能性があるのかについて詳しく見ていきましょう。

1.栄養バランスの乱れ

孤食をすることの一番のデメリットは、

「不健康な食事をするようになる」ことだと言っていいでしょう。

特に、「小中学生の子供にお金を渡して好きに食事をさせる」というのは、

子供の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

子供は、栄養バランスの重要性を理解していないことが多く、

菓子パンやスイーツといった、決して栄養価が高いとはいえない食べ物を選ぶ場合が多いです。

(お金を渡された子供たちは、便利なコンビニエンスストアや

ファーストフードで食べ物を調達する可能性が高いと言えるからです)

食品添加物たっぷりの「コンビニ弁当」や「ファーストフード」

を食べ続けることの危険性は、今や周知の事実ですよね?

また、仮に食べるものがしっかりしていたとしても、

独りで食べると好きなものだけ食べて、

嫌いなものを避けたり、早食いになったりします。

・・・栄養バランスが偏ったり、早食いによって

胃腸に負担がかかったりするのはかなり良くないことです。

スポンサーリンク

2.精神的に不健康に…

f:id:tebukuronosenkusha:20170228200400j:plain

そして、孤食のもう一つの大きな問題点は、

精神的にも不健康になってしまう」ことです。

 

特に高齢者に多いのが、孤食によって精神的にも

虚弱になったり、うつになったりすることです。

高齢者の場合、孤食に慣れてしまっているような人は、

食事以外でも独りで過ごすケースが多いため、

放っておくとどんどん弱くなってしまうでしょう。

また、子供の場合は、孤食によって

情緒不安定になったり、元気が出なくなったりするそうです。

(そういった家庭だと、どうしても子供の変化に

親が気づいてやれないというのも怖いところです・・・)

・・・孤食って意外と危険性をはらんでいることがわかりましたね。

では、そんな孤食をやめるにはどうすればいいんでしょうか?

孤食を回避するには・・・

人と積極的に関わったり、恋人を作ったりすることは、

孤食を回避するには最適の方法と言えます。

(現代では、独身の人が増えたり、孤独を好む人が増えてたりしているので

なかなか難しいところではありますが・・・)

f:id:tebukuronosenkusha:20170301191220j:plain

高齢者の方なんかは、色々なコミュニティーに積極的に顔を出したり、

食事会に行ったりすることで、ボケ防止にもつながります。

今やSNSで誰でも繋がれる時代となっているので、ぜひとも活用したいものですね♪

そして、お子さんに「孤食」をさせている親御さんは、

子供のために何か改善できないかを真剣に考えてほしいと思います。

まとめ

今回は、「孤食」とその問題点に関する情報をまとめてみました。

私自身、昔から「孤食」が当たり前の状態だったので、

「なんとかしなきゃな!」と強く思いました。

「独りでいる」のって、気楽でいいし、

好きに生きられると感じている人も多いかもしれませんが、

孤独でいることは決していいことばかりではないんですね・・・。

みなさんもこれを機会に、ご自身の「食事」について考えてみてはいかがでしょうか?

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク