f:id:tebukuronosenkusha:20170419164110j:plain

この頃美容・健康に興味がある方たちの間で話題沸騰のごぼう茶

簡単に言うとこれは、「干したごぼうを煮出した汁を飲むと、

美容・健康にとっても良いよ!」というお話しなのですが・・・

「何がそんなにいいの!?」

「どんな効果があるの!?」

といった感じで、ちょっと気になりますよね。

そこで今回は、ごぼう茶の効果や作り方について詳しくご紹介します。

ごぼう茶の栄養成分

食物繊維で便秘解消に効果的なのは有名ですね!

ですが、実は他にも美容に嬉しい栄養素がたっぷり含まれているのです。

例えば、体のむくみを解消してくれる「カリウム」だったり、

お肌の大敵ストレスを和らげ、精神を安定させてくれる

カルシウム」や「マグネシウム」、それから何より外せないのが、

美肌に欠かせない「ポリフェノール」です!

ポリフェノールといえば、「赤ワイン」と思われる方も多いでしょう。その通り、赤ワインやコーヒー、緑茶などに多く含まれるポリフェノールですが、ごぼうにもたっぷり含まれています。きんぴらごぼうなどを作る際、水に晒すと色が黒っぽく濁りますよね?実はあれ、ポリフェノールが溶け出しているんです。・・・なので、お料理に使う際にも長くさらしすぎないよう気をつけましょうね♪

ポリフェノールの効能

さて、そのポリフェノールのはたらきですが、

「抗酸化作用」という言葉、ご存知でしょうか?

読んで字のごとく、「酸化に抗う作用」です。

私たちの体の中には「活性酸素」というものが存在していて、

体内に侵入したウィルスや有害物質をやっつける仕事をしてくれています。

この「活性酸素」、もちろん大切なものなのですが、

増えすぎると悪さをし始めます。

体の中の皮脂や油脂、脂質を酸化させ、

「しわ、しみ、乾燥、アトピー」の原因を作り出してしまうのです。

(「酸化?」と思われた方は、錆びた金属を思い浮かべてください。

あれも酸化が原因です。つまり、お肌がサビちゃう!?というわけです)

また、角質がはがれやすくなり、お肌の健やかなターンオーバーの邪魔をします。

「肌荒れがなかなか治らない」とお悩みの方、

それは活性酸素の仕業かもしれません。

そんな恐ろしい「酸化」に抗うポリフェンオール、ぜひ摂取したいですよね?

スポンサーリンク

 

・・・それではごぼう茶の作り方について詳しく見ていきましょう。

ごぼう茶の作り方

ごぼうを用意します。国産で泥付きのものがベストです。

「ちょっとだけ試しに」「せっかく作るならたっぷりと!」など、本数はお好みで!

たわしで表面の泥をよく落とします。皮は剥きません。

ついついいつものクセで剥きたくなっちゃいますが、

皮にたっぷり含まれた栄養を摂るためにぐっと堪えてください。

包丁、またはピーラーで薄くささがけします。

乾燥させやすくするため、できるだけ薄く、均等な厚さにしましょう。

ザルや新聞紙に広げ、天日干しします。

冬場は4~5時間、その他の季節は2~3時間が目安ですが干し過ぎても大丈夫です。

ゆったりとお日様に当ててあげましょう。

f:id:tebukuronosenkusha:20170419170101j:plain

フライパンで油を引かずに炒めます。

火加減は弱火~中火で焦がさないよう気を付けて下さい。

炒め時間の目安は10分ですが、ごぼうの厚さや干せ具合で変わってきますので、

様子を見ながら調整してください。ここで水気をしっかり飛ばしておかないと、保管中にカビが発生します。

パリパリになったら完成です。よく冷まし、

湿気らないよう密封できる容器に入れ冷蔵庫で保管しましょう。

・・・しっかり水分を飛ばし作られた茶葉なら、

一ヶ月以上はもつそうです。

ですが、容器の開け閉めなどにより湿気を吸収しますので、

なるべく早めに使い切りましょう。

 

長持ちさせたい方は冷凍保存、いくつかの容器に小分けする、

乾燥剤を入れるなどの対策をしてください。

完成した茶葉は、お茶パックに入れ鍋ややかんで煮出して飲みましょう。

量の目安は水2リットルくらいに対して茶葉大さじ1杯程度です。

スポンサーリンク

気になる味は?

気になるごぼう茶の味ですが、一言で言えば「煮出したごぼうの味」です。

ごぼう自体味や匂いにクセがある野菜なので、好き嫌いが分かれるかもしれません。

苦手だなと感じた方は、お好みで他のお茶とブレンドしてみてください。

また、煮物のダシとしても有能です。栄養はもちろん、

ごぼうのもつ香りや旨みがいつもの味にひと味加えてくれることでしょう。

ごぼう茶のよいところ

「わざわざお茶にしなくても、普通に料理して食べればいいかな?」

・・・・そう思われた方もいらっしゃるかもしれないので、

お茶にして摂取することのメリットを挙げておきます。

実は、ごぼう茶を飲むことで、色々と”いいこと”があるんですよ!!

1.皮ごと使うことによって、皮に豊富に含まれた栄養素を摂ることができる。

 2.天日干しすることで栄養がさらにギュギュッと濃縮される。

3.煮出した汁を飲むことで、水に溶け出した食物繊維やポリフェノールを余すことなく摂ることができる。

 4.ノンカフェイン、もちろんノンアルコールなので気軽に飲むことができる。

栄養がぎっしり詰まったごぼう茶、料理などにも使えて便利ですよ!!

・・・作る時間がなかなかとれない方は、

飲みやすくブレンドされた市販のごぼう茶もあるので、ぜひぜひお試しください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、健康効果が色々とあるごぼう茶に関する情報をまとめてみました。

健康・美容にいいことづくしのごぼう茶。

新習慣にしてサビないピカピカの体作り、

心がけたいですね! ぜひ、試してみてくださいね♪

 

スポンサーリンク