f:id:tebukuronosenkusha:20170509152124j:plain

健康のためには栄養と睡眠、

そして適度な運動が欠かせないことは、

誰もが知っていることですよね?

まあ、頭ではわかっていても社会人になると何かと忙しくなり、

なかなか長続きしないのが現状です。

みなさんはきちんと運動できていますか?

かくいう私も、最近はなかなか身体を動かす機会がなく、

自分でも心配になってきています(笑)

そこで今回は、自宅で簡単にできる運動不足解消法を3つご紹介させて頂きます。

運動不足になると・・・

毎日の生活に追われて運動する時間も取れなくなると、

確実に運動不足になりますよね?

では、運動不足になると、具体的にどんなデメリットがあるのでしょうか?

①肥満になりやすくなる
②生活習慣病になる可能性が高くなる
③ストレスや身体の疲れを感じやすくなる
④うつ病になる可能性が高くなる
⑤加齢臭や体臭がキツくなる

・・・「たかが運動不足」と思っていると、

大変な目に遭いそうですよね!

運動不足が原因で病気になるリスクが高まるわけですから、

常日頃から適度な運動を心がけた方が良さそうです。

そこでオススメなのが、自宅で簡単にできる運動です。

スポンサーリンク

室内でできる運動

「適度な運動」と聞けば、家を出て

”ジョギングや散歩に出かけたりする”

イメージが強いかもしれませんが、実は室内でも十分なんです。

室内で行う運動なら雨が降った日も強風の日でも、

いつでも気軽にすることができるんです。

テレビを見ながらでも良いですし、

好きな音楽を聴きながらするのも良いですよね!

自宅でできる運動をより楽しみながら行うことで、

運動をする習慣が身に付きやすいはずです。

では、実際に自宅で出来る運動にはどのようなものがあるのでしょうか?

【踏み台昇降運動】

踏み台昇降運動、何だか子供の頃の

スポーツテストを思い出しますね?

実はこの運動、楽そうに見えて案外しんどかったりしますよね。

そこが運動不足解消には最適なんです!

(踏み台が家に無くても大丈夫!

古い新聞や雑誌類をまとめてガムテープや紐でしっかり固定したり、

段ボール箱に詰め込むだけでも、簡単に踏み台が完成します)

もちろん、家族に迷惑でなければ、家の階段で行っても良いでしょう。

f:id:tebukuronosenkusha:20170509153612j:plain

①右足を踏み台に乗せ、

次に左足も踏み台に乗せる。

②今度は右足を踏み台からおろし、

続いて左足も踏み台からおろす。

この①と②をひたすら繰り返すだけなので、とっても簡単ですね!

ポイントは、1日に15分以上続けることです。

スピードは人それぞれですが、続けているうちに

苦しすぎる場合にはペースダウンを行って下さい。

家族と会話が出来るぐらいのスピードを目安にすると

良いかもしれませんね。

姿勢を正し、ヒップアップ効果も意識しながら行ってください。

スポンサーリンク

 

【もも上げ運動】

もも上げ運動と言えば、陸上部だった人にはおなじみですよね。

太ももを意識して高く上げるようにしながら、その場で足踏みをするイメージです。

実際に歩き回るわけではないので、テレビを見ながら手軽に出来る運動です。

左右の脚を交互に100~200回ほど行いましょう。

軽く汗ばむ感じのスピードで行うと、より効果的です。

ポイントは太ももの高さなんですが、

低すぎるとあまり効果がありませんので、

床と並行になるぐらいまで上げるのが理想的です。

また、「スロージョギング」という運動は、

もも上げよりも楽で、運動経験がない人でも簡単に始められるのでおすすめです♪

【床拭き・窓ふき】

昔の人は当たり前でしたが、

最近では床を雑巾で拭く人は少なくなりましたよね。

クイックルワイパーなどの、手軽で便利なお掃除グッズが流通し始めると、

必然的に運動量も減ってきます。・・・そこで

「あえて」毎日の家事に負荷をかけてみるのもオススメですよ。

クイックルワイパーはあえて使わず、

フローリングは全て雑巾で拭いてみて下さい。

たったこれだけでも全然違ってきます!

このとき、何となく拭く感じでは意味がありませんので、

チカラを込めてしっかりと拭き掃除を行って下さい。

床も窓もキレイになるだけでなく、

普段の運動不足の解消にもなりますし、一石二鳥とはこのことですね。

まとめ

いかがでしたか?

自宅でも手軽に始められる運動は、数多くあります。

今回ご紹介した運動以外でも、ダンベルを使ったエクササイズなどもありますよね。

色んな運動を試してみながら

自分が毎日続けられそうな運動に絞っていくのが良いかもしれません。

継続は力なり!

健康な身体を手に入れるためにも、ぜひ今日から始めてみませんか?

スポンサーリンク