f:id:tebukuronosenkusha:20170228060220j:plain

最近、巷では「アルガンオイル」というものの美容効果が注目を集めているようです。特に、40代くらいから気になるようになる顔の「シミ」に効果があるとされ、女性には人気があります。アルガンオイルはモロッコ南西部のアルガンツリーの実から抽出されたオイルのことで、低刺激で浸透がいいのが特徴です。今回は、そんな「アルガンオイル」の効能についてまとめていきます。

アルガンオイルの有効成分

f:id:tebukuronosenkusha:20170305154108j:plain

①肌さびの原因となる活性子酸素を増やさないビタミンE

身体全体の老化や生活習慣病の原因となる細胞の酸化を防ぐ働きをします。アルガンオイルにはビタミンEがオリーブオイルの2倍も含まれているんです!!

②ドロドロ血液をサラサラ血液にするオレイン酸

血中の悪玉コレステロールを減少させる働きがあるので、動脈硬化・心筋梗塞・狭心症・脳梗塞などのリスクを軽減します。

③血圧を下げる働きをするリノール酸

高血圧の予防に力を発揮するほかにも、保湿力・抗酸化力にも優れているので、肌のバリア機能を向上させる働きをします。

④心臓血管系疾患を予防する働きのリノレン酸

ドロドロで流れの悪い血液を流れの良いサラサラ血液にする働きで動脈硬化などを防ぐ効果があります。

⑤肌の過剰な皮脂分泌をコントロールするパルミチン酸

皮脂腺の増加を防止するので、過剰な皮脂分泌を抑える働きがあります。ほかにも、新陳代謝の正常化や乳化作用・抗酸化作用など肌に嬉しい働きをします。

⑥乳化作用に優れたステアリン酸

肌の水分・油分を整えて、肌の保湿や抗菌作用を高める働きをします。

・・・さて、こんな感じでたくさんの有効成分が含まれているアルガンオイルですが、実際に肌に使用することでどんなメリットがあるんでしょうか? 具体的に見てみましょう!!

アルガンオイルの効能は?

①肌のバリア機能を高めてしみ・そばかす対策

オレイン酸には紫外線から受ける刺激を予防する効果があります。同時にリノール酸が肌のバリア機能を高めてくれ刺激を受けにくくします。この働きにより、紫外線の刺激によって作られるしみ・そばかすや、肌の乾燥、乾燥による小じわといった肌の悩みを防いでくれるのです。さらに、ステアリン酸の保湿効果も加わり、肌の潤いを保ちながら美白効果も期待できます

f:id:tebukuronosenkusha:20170505102804j:plain

②肌の修復を早めてやけど・ニキビなど炎症対策

リノール酸には肌の重要な保湿成分の一つ、角質間脂質セラミドを作るのに必要な成分です。セラミドがスピーディに作り出されると傷ついた肌の回復も早まり、やけどやニキビといった肌に起こった炎症も素早く修復されます。

また、高い保湿力で肌を保護するのでトラブルを起こしにくい環境を作ります。さらにパルミチン酸が肌の皮脂量をコントロールするので、テカリを抑えたりニキビができやすいオイリー肌を予防します。

③活性酸素対策ができるから美肌・アンチエイジング効果

肌さびの原因となる活性酸素の発生をビタミンEが優れた抗酸化力で予防してくれます。細胞が老化せずに守られることでアンチエイジング効果があるといわれています。また、ビタミンEは肌の新陳代謝を活発にさせる働きもあるので、健やかな肌を維持し美肌を保つ作用もあります。

④水分と油分のバランスを整えうるおった肌をキープして乾燥肌対策

ステアリン酸が肌の水分・油分のバランスを調整してくれます。このバランスが整うと肌トラブルはぐっと減り、美肌が保てるようになります。また、リノール酸の保湿力も加わりみずみずしい肌に近づけてくれますね。

⑤ターンオーバーを整えて弾力を与えるて、たるみ・しわ対策

体内に吸収されたビタミンEは、皮膚の表面で肌を保湿し、血行を促進するのでターンオーバーを正常に行えるよう促す働きがあります。また、肌の水分と油分のバランスを整えながら浸透していくので、乾燥が原因となるたるみやしわを予防しハリのある肌をキープできます。

<アルガンオイルを安全に使うためのポイント>

①香りが苦手な方も多数!使用できるかチェックしましょう

アルガンオイルは天然のオイルなので、もともとナッツのような香りがします。香りの好みは人それぞれですので、心地よく使えるものを選びたいですね。香りに敏感な方は、特に顔に塗布する際はきつく香る可能性もあるので試してみてから使用しましょう。

②肌が弱い方は特に自分の肌に合っているか試しましょう。

全ての人に問題ないというものはありません。アルガンオイルも同じで、特に肌が敏感な方・荒れやすいと感じる方はパッチテスト行いましょう。また、オイルなので乾燥肌の方にはすすんで試していただきたいですが、オイリー肌で悩んでいる方・毛穴のつまりがひどい方は悪化してしまう可能性もあるので、少量を試してから始めましょう。

肌に残ってしまったオイルは、酸化し劣化するのでトラブルの原因にもなります。洗い流す際はすみずみまで丁寧に洗うといった気遣いも大切ですね。

③もともとアルガンオイルは高価なオイルです。

アルガンオイルは高価なものほど透き通った金色です。本来希少価値の高いオイルなのですが、安価な粗悪品が販売されていることもあります。肌質に会うか考慮しつつ、品質が保証されたものを選ぶようにしましょう。

まとめ

料理以外のも体中のスキンケアに使えるアルガンオイルはとても魅力的ですね。

ご紹介した様々な効果の期待できるフェイスケアの使用のほかにもヘアケア・ボディケアとしても広く使えるので、ぜひ試してみてください。

●おすすめ記事

www.ngood23.com

では、最後までお読みいただきありがとうございました。