f:id:tebukuronosenkusha:20170716110145p:plain

 

「お昼の時間だから食べよう!」

「いつもこの時間に食べてるから・・・」

 

なんて食生活を送っている方は多いかもしれません。

実際、私自身、毎日3食欠かさず食べることが良いことだと信じてきました。だから、お腹があまり空いていなくても食べたり、忙しいから○○時に先に食べちゃったり・・・。

しかし、「1日3食」にこだわるあまりにむしろ身体に負担をかけているのではないかと思うようになりました。

f:id:tebukuronosenkusha:20170410102725j:plain

確かに、しっかりとした食生活リズムを整えることは重要です。しかし、「お腹がすいてもいないのに口に食べ物を入れる」というのはいかがなものなんでしょうか?

実際、私たちの身体に良いとされている「1日3食」 ですが、最近では”胃腸のことを考えるとあまり良くない”という話もあるようです。小さな頃から1日3食を食べてきた私たちにとって、これはちょっとびっくりですよね ?

今回は、そんな私たちの食生活リズムを見直す

「1日2食健康法」についてまとめていきます。

1日2食健康法とは?

これはその名の通り1日に2食だけで過ごすというものです。朝食を抜いたり、夕食を抜いたりすることで、「1日に食べる頻度」を2回にまで減らす食事法。

 「食事を減らすってのはダイエット目的」・・・だと思っていましたが、実はこの1日2食健康法はあくまで「健康法」ですから、ダイエット以外にも大きなメリットがあるんです!!

どんなメリットがあるの?

1日2食にすることでどんないいことがあるか?

それは、「食事の感覚あけて、内臓を休めること」ができることです。これにより、酷使され続けてきた内臓を休息させ、より元気でいられることができるのです!

実は、食事を完全に消化し、吸収するまでには10時間以上かかります。そのため、食事を摂ってから5~6時間後にまた食べ物を胃に入れる、というのは体に負担を強いる行為だったんです!!

考え方としては、「8時間ダイエット」という食事法と同じです。 

www.ngood23.com

さあ、ではさらに詳しく見てみましょう!!

昼食抜きはOK?

朝食を抜いたり夕食を抜いたりする1日2食健康法は、かなり一般的なようですが「昼食抜き」はあまりメジャーではありません。ただ、昼食抜きでももちろんOKで、要するに胃や小腸、大腸といった消化器官などを「休ませる期間」を作ることがポイントなのです。「昼食抜き」は意外とメリットが多いんですよ♪

1.実践しやすい

ですが個人的には一番とっかかりやすいのは昼食抜きなんじゃないかなという風に思っています。 ・・・実際、小さい頃から私は、 「昼食ってぶっちゃけいらなくね?」と思っていました。(当時は昼食なんかよりも、遊ぶ時間が欲しかっただけなんですが(笑))

f:id:tebukuronosenkusha:20170712054433j:plain

今でも胃腸のことを考えると、わざわざ無理してまで昼食を摂る必要があるのかなんて思ってしまうこともよくあります。

というわけで、「お腹が空いていないのに昼食を食べている」という自覚がある方は、一度昼食を抜いてみてはいかがでしょうか?

※もちろん、昼食ではなく、

朝食でも夕食でも抜くことによって

少なからず内臓への負担は減りますから、

ご自分に合った「食事抜き」にしてみてくださいね。 

2.働いている人にはおすすめ

やはり、オフィスなどで働いていると

「昼食後に眠い」な~んて経験をする方は多いと思います。

f:id:tebukuronosenkusha:20170415095548j:plain

食べ物を消化するのには、たくさんのエネルギーが必要ですから、脳がうまく働かなくなってしまうのは当然のことです。でも、そんな効率の悪い状態で仕事をしていても、なかなか成果は出ませんし、体にも良くありません。 昼食を抜くことで、そういった眠気やだるさを抑え、スムーズに仕事ができるのでおすすめです。

 

「でも、実際にやるとなると難しそうだなあ」

・・・な~んて思っていませんか?

実は、明日からでもできるおすすめの実践法があるんですよ!!

◆おすすめの実践法

急に「昼食を抜く」のは難しい方も多いかもしれません。

実際、昼食を抜くことによって低血糖になったり、

逆に太りやすくなったりすることもあるそうです。

そのため、昼食を抜いて、何時間も何も口にしないのではなく、

「昼食を軽いものにする」とか

「胃腸に負担がかからないジュースにしてみる」

といった食事法がおすすめです。

f:id:tebukuronosenkusha:20170410073947j:plain

糖分を摂りつつも、休ませるときは

しっかりと内臓を休ませてあげる、

これが理想の”昼食抜き”何じゃないでしょうか? 

まとめ

今回は、「1日2食健康法」に関してまとめてみました。「たった2食だけ」っていうのはちょっと不健康な話に聞こえるかもしれませんが、消化器官や内臓のことを考えると、意外と合理的で健康的な食生活リズムなのかもしれません。

かくいう私も、1日3食に慣れてしまっているので、まずは昼食は抜いて、ジュースなどの飲み物で血糖値が下がりすぎないようにしながら実践していきたいと思います♪

●おすすめ記事

www.ngood23.com

では、最後までお読みいただきありがとうございました。