f:id:tebukuronosenkusha:20170721074808j:plain

最近、スーパーフードとしてテレビでも取り上げられるようになり、

一躍話題となったゴールデンベリー

名前からしてすごいゴージャスでかっこいいベリーですね(笑)

私たちにはあまり馴染みのないゴールデンベリーですが、

食べることでどんな効果・効能が得られるんでしょうか?

ゴールデンベリーの「食べ方」についても気になります。

・・・というわけで、今回はゴールデンベリーの効能と

おすすめの食べ方についてまとめていきます。

ゴールデンベリーの効能

スーパーフードとして認められているだけあって、

ゴールデンベリーにはビタミンや食物繊維が豊富に含まれています。

では、それらの栄養素は我々の身体にどんな影響を与えるのでしょうか?

ここでは、ゴールデンベリーの特筆すべき3つの効能について紹介していきます。

スポンサーリンク

1.血流の改善

ゴールデンベリーに含まれるビタミンEは、

血管拡張作用があるため血流の改善につながるとされています。

また、血液そのものの老化を防止してくれるために、

血管内を血液がスムーズに流れてくれます。

血流が改善すれば、

血液に乗せて酸素や栄養素を身体の隅々まで

いきわたらせることができます。

f:id:tebukuronosenkusha:20170721075843j:plain

高血圧や動脈硬化といった、血管の不調による

病気の症状を改善することにもつながるのです。

2.美肌効果

f:id:tebukuronosenkusha:20170505102804j:plain

多くのベリー類に共通して含まれる「ビタミンC」は、

お肌の健康のために欠かせない栄養素です。

前述した血流改善に加え、ビタミンCの抗酸化作用や、

他の栄養成分の新陳代謝促進効果などによって、

シミやシワなどを防止したり、肌が老化したりするのを防ぐ「美肌効果」が期待できます。

3.生活習慣病予防

そして、ゴールデンベリーには注目の「イノシトール」と呼ばれる成分が含まれています。

これは、血中のコレステロール値を下げてくれたり、

脂肪を減らしてくれたりする働きがあるとされています。

血液の流れを良くしたり、コレステロール値を下げたりすることは、

直接的な病気の原因を取り除くことでもあるので、かなりおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめの食べ方

ゴールデンベリーですが、一般的に売られているものは

ほとんどがドライフルーツ状のものとなっています。

そのまま、ドライフルーツとして食べてOKです。

お菓子などのトッピングにしてみたり、

ちょっとした味付けの一つとして料理に入れてみたりするのもいいかもしれません。

f:id:tebukuronosenkusha:20170721084219j:plain

・・・ただ、あくまでスーパーフードなので、

たくさん食べたからと言って健康になったり、

病気が治ったりするわけではありませんし、

カロリーも高いので食べ過ぎには注意してください。

まとめ

健康のための栄養を小さな実に含んだ「ゴールデンベリー

・・・なんだか、本当に輝いて見えてきますね(笑)

食べやすくて、栄養満点のゴールデンベリー、

これからどんどん注目されていくことでしょうね。

今はネットでの販売がほとんどのようですが、

スーパーなどでも見かけるようになる日が来るのもそう遠くはないかもしれませんね。

スポンサーリンク