f:id:tebukuronosenkusha:20170725162421j:plain

もう夏も本番ですね。

これからどんどん暑くなっていくと思うと、ダルいですね~。

ちなみに、もうすぐ50になる私の母は

「暑い、暑い」が口ぐせになっています。

母は、いわゆる更年期障害のうちの一つである

「ホットフラッシュ」に悩まされているみたいです。

そんな母の姿を見て、つい爆笑してしまう私は親不孝でしょうか(笑)?

まあ、私の母はそこまで症状が重くはないのですが、

夏になると滝のように汗が流れ出てきて、

深刻に悩んでいらっしゃる方もいるみたいですね。

ただでさえ暑い夏に、更年期障害のダブルパンチ・・・確かに、これは辛いでしょうね。

スポンサーリンク

 

というわけで、そんな更年期障害に悩む女性たちと、

私の母のためにも「ホットフラッシュ」への対策についてまとめていきたいと思います。

1.女性ホルモン

ホットフラッシュが更年期の女性に多く見られるのはズバリ、

「女性ホルモンの減少」によるものです。

”エストロゲン”って聞いたことがある人は多いかもしれませんが、

これの分泌量が減ってしまったことにより、

自律神経のバランスが崩れ、「暑い」ってことになってしまうわけです。

 

ホットフラッシュの治療には、ホルモンを投入したり、

薬などの服用して行われるのが一般的です。

また、サプリメントや食べ物で

更年期の女性が不足しがちな成分を補うなんてのもよく知られた更年期対策です。

●ホットフラッシュに悩む女性におすすめのサプリ

他にも、漢方薬などでホルモンの分泌を促す、

というのもホットフラッシュ対策として有名です。

(その際には、漢方に関して詳しく調べて服用してください)

2.適度な運動

また、適度な運動もホットフラッシュには有効だとされています。

「ただでさえ暑いのに運動なんかできるかぁ!!」

・・・な~んて声が聞こえてきそうですが、

運動することによるメリットは意外とたくさんあるものですよ。

・血圧低下

・ダイエット効果

・生活習慣病予防

もちろん、自律神経を整えて

ホットフラッシュの症状を緩和することも期待できるそうです。

(個人差もあるため、運動のホットフラッシュへの効果に関しては、

未だに議論されているようですが、決して悪い方には働かないので安心してください)

まあ、いきなりジムに通ったり、

外で運動したりするのは抵抗があると思うので、

まずは室内でできる簡単な運動をちょっとしてみるのもいいかもしれません。

スロージョギングは室内でも効果あり? やり方を徹底解説!

・・・といった感じで、

ホットフラッシュの症状を改善するための習慣について紹介しました。

これらは毎日続けていくことで、

確かにホットフラッシュへの対策になると考えられていますが、

中には「今すぐ何とかしたい!」という方もいらっしゃるかもしれません。

残念ながら、「ホットフラッシュをすぐに治す」方法はありません。

しかし、「一時的に症状を緩和する」おすすめの方法があります。

スポンサーリンク

 

それが・・・

3.汗ふきシート(クール)

汗が噴き出たときに一番有効なアイテム、それは「汗ふきシート」です。

これは、ドラッグストアとかコンビニで売っているウェットシートなんですが、

効果がハンパないです!!

・・・私はいつも汗が噴き出てきたときは、清涼感の強い汗ふきシートを使っています。

f:id:tebukuronosenkusha:20170707073836j:plain

詳しい原理はわかりませんが、汗ふきシートで肌を拭き、

しばらくするとシートの水分が蒸発してすごくスーッとして、

汗が一時的にピタッとやみます。

・・・5分程度ならエアコンなしで過ごせるくらい優れています。

肌が弱い方でなければ、

あえてメンズタイプの清涼感が強い製品を選ぶといいと思います。

それを携帯しておけば、汗がいきなり噴き出してきたときでも対応できます。

あくまで一時的な対症療法的なものですが、効果は保証します。

まとめ

いかがでしたか?

今回は夏にひどくなりがちな「ホットフラッシュ」への対策についてまとめてみました。

ホットフラッシュ、女性にとっては「暑い」ということよりも

「更年期障害が出ている」ことの方が辛いかもしれませんね。

・・・私の母も「50代になることがショック」と言っていました。

まあ、人間生きてればいつかは老いていくものですから、仕方がないことです。

今回紹介した対策を参考にして、一緒に暑い夏を乗り切りましょう!!

 

アスタキサンチンの効果が女性に嬉しすぎる理由

スポンサーリンク