f:id:tebukuronosenkusha:20170729124925j:plain

最近、テレビCMで「難消化性デキストリン」という

言葉をよく耳にするようになりました。

ちょっと怪しげな物質名ですが、

実際にこれはトクホとして国から認められているものなんです!

こういったCMなどを多く見かけるということは、

それなりに売れており、多くの人に注目されてもいると思うのですが、

そもそも「難消化性デキストリン」とはいったい何なのでしょうか?

そして、飲むことによってどんな効果が得られるんでしょうか?

今回は、そんな難消化性デキストリンを飲むタイミングとその効果についてまとめていきます。

難消化性デキストリンとは?

そもそも、難消化性デキストリンとはどんなものなんでしょうか?

これは、水に溶けやすい食物繊維で、その名の通り、

「消化されにくい」性質を持っています。

『「難消化性」ってあまり体に良くないんじゃないの?』

と思われる方も多いかもしれませんが、

これは健康のために重要な役割を果たすことがわかっています。

f:id:tebukuronosenkusha:20170410073947j:plain

難消化性デキストリンに関するCMなどを見ていると、

「脂肪の吸収を抑える」とか「血糖値の上昇を防ぐ

とかいうフレーズを耳にするかと思います。

実際、難消化性デキストリンというのは、

消化されにくいことによって、糖質が吸収されず、

急激な血糖値の上昇を抑えてくれるのです。

血糖値の急激な上昇・下降は糖尿病の原因ともなりえますから、

こういったものを摂取することによって、

糖の急激な吸収を抑えることは重要となってきます。

(難消化性デキストリンと同じような食物繊維として、イヌリンは有名ですね!)

 

難消化性デキストリンを含むトクホのお茶。

せっかくですから効果的に飲みたいですよね?

では、どういったタイミングで飲むべきなのか、具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.食前・食中

「脂肪の吸収を抑える」といった点から見て、

飲むタイミングは「食事の直前」、できることなら「食事と一緒に」がベストです♪

f:id:tebukuronosenkusha:20170724074742j:plain

食べ物がおなかに入るタイミングと一緒に飲むことで、

「難消化性」の作用により、糖分の吸収を緩やかなものにしてくれます

つまり、食べ物を摂取した後に血糖値が急に上がるのを防いでくれるので、

糖尿病予防に貢献してくれるわけです。

また、それに伴い食後に脂肪分が体に吸収されるのを抑えることができるので、

食べ過ぎにより太るのもある程度予防できます。

食事と一緒に難消化性デキストリンを含むお茶を飲んだり、

場合によっては料理に使ったりして「一緒に摂取する」ことで

その効果を最大限に発揮できるわけです。

・・・ただ、注意していただきたいのは、

あくまで難消化性デキストリンは

「血糖値の急激な上昇を抑える」効果があるのであって、

それを飲んだことで痩せたり、ダイエットに成功できるとは限らないということです。

2.食後

また、一部の人は「食後に飲む」ようにしているかもしれません。

難消化性デキストリンの製品は、薬ではないため飲むタイミングに関して

厳密に決められているわけではなく、

食後に飲んだとしても体に悪い影響を与えるなんてことはありません。

難消化性デキストリンを含む飲料を摂取すること自体、

お腹の調子を整える優れた効果を発揮するので、

食後に飲むのが悪いわけではありません。

・・・ただ、「糖・脂肪の吸収を抑える」ことに関しては

ほとんど効果が見込まれないため、おすすめはしません。

 

先ほども述べたように、食べ物と一緒に摂取することによって

「難消化性」の作用が一緒に働くのが効果的なのであって、

食べ物を胃の中に入れた後ではすでに消化・吸収が始まってしまっているので意味がありません。

まとめ

ということで、今回は

「難消化性デキストリンを飲むタイミング」

に関してまとめてみました。

サプリメントや飲料として

これからますます注目されていくことになるだろうと思います。

ついついバカ食いしてしまうような人や、

付き合いや接待などの関係で、

どうしても糖類や脂肪分の多い食事をしなくてはならない人には便利な飲み物だと思います。

もちろん、これを飲んだからといって必ずしも糖尿病にならないわけでもありませんし、

「目に見えて効果が現れる」というケースも多くはないようです。

あくまでトクホの飲料であって、

食事を消化する際の補助的なものとして飲んでいただければな、と思います。

ぜひ、今回の記事を参考にして、健康で楽しい食生活を送ってくださいね(^^♪

スポンサーリンク