f:id:tebukuronosenkusha:20170731071636j:plain

最近、「酢」を使った健康法・ダイエット法が人気ですよね?

そんな中、「酢生姜(すしょうが)ダイエット」も注目を集めています。

・・・みなさんは「酢生姜」を作ったことがありますか?

これは、生姜をお酢に漬けた食べ物なんですが、

めちゃめちゃ栄養価が高く、ダイエット効果もある素晴らしい食品なんです!

今回は、そんな酢生姜を使ったダイエット法のやり方と

効果に関してまとめていきますよ!!

酢生姜ダイエットの方法

酢生姜ダイエットは、具体的にどのような手順で行えばよいのでしょうか?

何となく予想できる方も多いと思いますが、

この「酢生姜ダイエット」は、

名前の通り「酢生姜」を食べることで痩せることができるダイエット法です。

スポンサーリンク

1日にどれくらい食べればいいの?

そんな酢生姜ですが、ダイエット効果を実感できるようになるためには、

だいたい1日に大さじ1~2杯程度の分量

(20~30g)を目安に毎日食べる必要があります。

たくさん食べればそれだけ効果があるというわけでもないので、

注意してください。(食べ過ぎると、胃への負担が大きくなり、体調を崩してしまう恐れがあります)

分量さえ守れば、特に食事制限などをしなくても

1週間前後でその効果が現れ始める酢生姜ダイエット、かなり面白いですよね?

実際、ここまで読んでみて「やってみたい!!」と思った方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

f:id:tebukuronosenkusha:20170731172713j:plain

しかし、酢生姜ってあまり食べたことがない方も多いことでしょう。

では、そんな酢生姜はどのようにして作ればいいのでしょうか?

次に、家庭でできる簡単な「酢生姜の作り方」についても見てみましょう♪

酢生姜の簡単な作り方

f:id:tebukuronosenkusha:20170731163955j:plain

生姜とお酢を同じ分量(重さ)だけ用意します。

よく洗った生姜をみじん切り(すりおろしでもOK)にしてお酢と一緒に容器に入れます

そして、ハチミツを少量(お酢の量の5分の1くらい)加えて、

冷蔵庫で一晩寝かせれば完成です。

お酢の量やハチミツは好みに合わせて調節していただいて構いません。

冷蔵庫では、約1週間程度保存できますから、

自分の1日に食べる量から考えて作るようにしましょう。

おすすめの食べ方

酢生姜はそのまま食べても大丈夫ですが、

色々な料理に加えて楽しむことができるのも酢生姜のいいところです♪

・白米と一緒に

・サラダのドレッシングに

・スープに混ぜる

・・・といった感じで、料理にちょっとしたアレンジを加えることで、

よりおいしくて栄養満点の食事にすることができるのです!

こんないい話って他にありませんよね(笑)

でも、「酢生姜を食べるだけで痩せる」って、にわかには信じがたいですよね?

実際、酢生姜ダイエットをやってみた人はどう変わったのか、口コミも見てみましょう♪

スポンサーリンク

本当に痩せるの?

酢生姜ダイエットですが、

実は芸能人やタレントの方が実践して成果を出しているダイエット法でもあったんです!

酢生姜を毎日食べるようにして、わずか「1週間で1~2キロ痩せた」という報告が多くあります。

◆酢生姜の効果

具体的に、酢生姜の栄養成分が体の中でどういった効果を発揮するのか?

・代謝の向上

・脂肪燃焼効果

お酢と生姜の相乗効果で、

血行が良くなって体が温まり、基礎代謝が向上するため、

脂肪を燃焼する働きが期待できるので、

その結果、ダイエット効果があるとされているんです。

また、お酢と生姜の血管拡張作用により、血圧の低下も見込まれます。

実際、酢と生姜の効果によって、「血圧が下がった」との情報もあるんです。

f:id:tebukuronosenkusha:20170731172026j:plain

特に、お腹周りの脂肪が気になってきていて、

高血圧に悩まされている40~50代の方なんかには、

かなり嬉しいんじゃないでしょうか?

ぜひ、そういったことで悩んでいる方は

「大さじ一杯の酢生姜」の生活を今すぐ始めてみてください!

きっと、酢と生姜のすごいパワーを実感できるはずですよ♪

まとめ

いかがでしたか?

今回は酢生姜ダイエットの方法と口コミに関する情報をまとめてみました。

なかなか食べるだけで効果が出るダイエット法って他にはほとんどないので、

食事を減らしたり、運動をしたりするのが苦手な人にはピッタリかもしれません(笑)

酢生姜を食べることで、代謝が上がるので、

ダイエットに興味がない方でも、

健康のためにはぜひとも一度トライしていただきたい一品です。

 

スポンサーリンク