f:id:tebukuronosenkusha:20170809093449j:plain

ハーブの一種である「レモンバーム」が最近、注目です。様々な病気や体調不良に効果があるそうなんですが・・・!? このレモンバームなるものには、いったいどんな効果があるのでしょうか? レモンバームの使い方についても気になります。

そこで今回は、レモンバームに関する情報をまとめていきます。

レモンバームって何?

レモンバームは、主に南ヨーロッパが原産のハーブで、その名の通りレモンのような香りがします。(あくまでハーブなので、レモンとは関係ありません) レモンバーム、日本ではなじみがないかもしれませんが、ヨーロッパでは昔から飲料用・病気の治療用に使われているハーブなんです。 

では、そんなレモンバームには具体的にどんな効果があるのか、さらに詳しく見ていきましょう!

◆レモンバームの効能

1.花粉症の改善

レモンバームに含まれる「ロズマリン酸」は、アレルギー症状を緩和させる役割を果たします。特に、花粉症の予防・症状の改善に効果があると言われており、注目されています。春先にくしゃみや鼻水が止まらない・・・なんてことに悩まされている方は、レモンバームを摂取することでその辛い症状を緩和させることができるかもしれませんよ。

2.抗うつ作用

さらに、レモンバームは精神的にも元気になりたいときに摂取すると有効です。 というのも、レモンバームには抗うつ作用があるため、気持ちが沈んだときや、落ち込んだときに飲むと気分を良く明るい気持ちにしてくれるはずです。

3.頭痛にも!?

頭が痛いと何も考えられませんよね? 特に、女性の方なんかは天候や環境によって頭痛に襲われることが多いようです。

f:id:tebukuronosenkusha:20170302093559j:plain

・・・レモンバームには、そういった頭痛を和らげる効果があるとされています。また、ストレスを解消したり、気分を落ち着かせたりしてくれるので、ホッと一息つきたいときなんかにはおすすめです♪

 さて、色々な効果があるレモンバームですが、実際にどのようにして使っていけばいいのでしょうか?

どうやって使うの?

●レモンバームティー

一般的に売られているレモンバームの商品として有名なのが「レモンバームティー」です。そう、これはレモンバームを使ったハーブティーで、ティーバックの商品にお湯を注ぐだけで手軽に飲むことができます。 リラックス効果も見込めるので、ストレス解消にもなりますし、飲んでスッキリした気分になれますよ!

●料理にも!!

ハーブなので、もちろん料理にも使うことができます。例えば、スープに入れてみてもいいですし、サラダとの相性もよさそうです。(市販のレモンバームも、使い方によって種類が異なるので、用途に合わせて選んでみてください)

f:id:tebukuronosenkusha:20170809140031j:plain

また、レモンバームを使ったアロマオイルなんかも売られており、そういったものでアロマテラピーを受けると、かなり気持ちが良さそうです♪ 

まとめ

さて、今回は注目のハーブ「レモンバーム」について紹介しました。 癒し効果もあるハーブの中でも、花粉症にも効果的だと言われているレモンバームは、これからますます注目されていくことだろうと思います。

・・・他にも、注目のハーブはあるので、ぜひ色々試してみて、ご自身に合ったハーブを楽しんでみてください♪

●おすすめ記事

では、最後までお読みいただきありがとうございました。