f:id:tebukuronosenkusha:20170812053512j:plain

みなさんは、「ターメリック」って聞いたことがありますか?

「ターメリック? 聞いたことないよ!」って人もいるかもしれませんが、

別名「ウコン」の方が馴染みがある人は多いと思います。

実はそんなターメリックは、

みなさんが一度は食べたことがあるカレーなどのスパイスに用いられており、

その効果には目を見張るものがあります。

ということで、今回はそんなターメリックの3つの効能・効果についてまとめていきます。

ターメリックって何?

ターメリックは、紀元前からインドで栽培されている植物です。

色は黄色っぽくて、着色料やスパイス、カレーなどに用いられており、

最近ではターメリックを含むドリンクなども有名です。

f:id:tebukuronosenkusha:20170812133803j:plain

また、食べ物だけでなく、ターメリックは

海外でも化粧品や薬などにも使われており、人気の植物なんです。

実はターメリックだけでも数十種類のものがあり、

現在も新しい品種のものなども開発されているようです。

いずれも、鉄分や食物繊維、ミネラルといった栄養成分を豊富に含んでいます。

そして、それらの成分が身体にいいとされていますが、

具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

ターメリックの「効能」についてチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

ターメリックの効能

ターメリックで特に重要な役割を果たす成分が「クルクミン」です。

ターメリックに含まれるクルクミンが、身体の調子を整えたり、

器官のサポートをしたりしてくれます。

 1.脳の病気を予防

クルクミンには、アルツハイマー病の原因物質に作用し、

発症を抑制する効果があると認められています。

さらに、クルクミンは認知症の予防にもつながるとされており、

脳機能の回復に貢献してくれる成分です。

カレーの消費量が多い「インド」では、

こういった脳の病気の発症率が他の国に比べると低いと言われています。

もちろん、「カレーを食べているから」と単純に

その因果関係を証明することは難しいでしょうが、

クルクミンが少なからず彼らの脳に良い影響を与えているのは間違いありません。

 

・・・これからますます高齢化が進んでいき、

こういった脳の病気が問題になっていくであろう日本では、

クルクミンは特に注目されていく成分なのではないでしょうか?

2.肝臓を助ける!!

ターメリックが含まれているドリンクなんかは、有名ですよね?

よく、二日酔い対策のものとして

ターメリックが含まれているサプリなどがコンビニなどでも売られていますが、

これは「肝機能の改善」の効果があるからなんですよね。

f:id:tebukuronosenkusha:20170718081528j:plain

肝臓は身体に取り入れた、あるいは身体で発生した有害物質を解毒する作用があります。

ターメリックには胆汁の分泌を促進してくれる効果があります。

それによりアルコールを摂取した時に発生するアセトアルデヒドなどの

有害物質を早く分解してくれるので二日酔いには特に効果が高いとされています。

3.生活習慣病予防

さらに、ターメリックを摂取することで生活習慣病の予防にもなるそうです!

例えば、ターメリックのクルクミンは、抗酸化力が強く、

血管内にコレステロールがたまるのを防いでくれます。

そして、血管内でのトラブルを解消してくれるので動脈硬化や

それに伴う様々な病気・不調の予防につながるのです。

また、代謝を上げてくれる効果があり、体内での糖の分解を促進してくれるので、

「糖尿病」の予防にもつながるとされています。

実際、ターメリックを用いたダイエット法なども知られています。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、スパイスとしても有名な「ターメリック」の効能について紹介させていただきました。

ターメリックには、健康を維持するために大切な役割を果たしてくれるのがよくわかったと思います。

「カレーを食べる文化のある国は、健康的に生活している」という話、

もしかするとそれは「ターメリックの摂取量が多いこと」と関係があるのかもしれませんね。

スポンサーリンク