f:id:tebukuronosenkusha:20170818125750j:plain

みなさんは「甘酒」好きですか? 私は、毎年正月に神社に行って飲む甘酒が大好きで、あれを飲むと「あったまる~♪」って感じで毎年ハッピーなスタートが切れます(笑) ・・・みなさんもきっと「甘酒」っていうと大きなイベントとか正月にしか飲む機会がないことだろうと思います。

・・・しかし、最近ではそんな甘酒を利用したダイエットが流行しているらしい!! ってわけで、今回はそんな気になる「甘酒ダイエット」についてまとめていきます。

甘酒ダイエットって何ぞや?

甘酒ダイエットは、最近になってよく耳にするようになった「おきかえ」によるダイエット法です。すなわち、1日のうちの食事における”炭水化物”を甘酒にかえるものです。・・・ですから、甘酒が苦手な方にはあまりおすすめできないですね。

※甘酒の他にも、「おきかえ」ができるダイエット法はありますよ。

〇1食を甘酒にしてみよう!

具体的には、1日の食事の中で1食の主食を甘酒にするのが甘酒ダイエットの方法です。「甘酒って甘いしカロリー高そうだけど大丈夫なの?」って思われる方も多いかもしれませんね。・・・ですが安心してください。 

f:id:tebukuronosenkusha:20170429072039j:plain

白米の100グラム当たりのカロリーが360キロカロリーなのに対し、甘酒は80キロカロリーと、白米の3分の1以下のカロリーです。(砂糖が使われている甘酒もありますが、麹によって作られるタイプの甘酒は、砂糖が使われていないのに甘いので、とってもヘルシーでおすすめです)

〇どの食事がベスト!?

調べてみると、どうやら朝食のご飯を甘酒にするのが一番効果的だそうです。甘酒に含まれる豊富な栄養素が吸収されることによって、身体の代謝がアップして、より脂肪燃焼効果が期待できるらしいです・・・。また、「朝忙しい時間にご飯を作っている暇ない!!」なんて人も、一杯の甘酒を飲んで活動を始めれば、空腹感を感じることなく午前を乗り切ることができますよ~!!(「朝から酒なんて・・・」って人はもちろん、お昼でも夜でもOKです)

甘酒ダイエットのポイント

ただ、実際のところ甘酒ダイエットをやってみて「痩せられない」という人もいるみたいです。・・・そう、やり方を間違えてカロリーオーバーしてしまうと、せっかくのダイエットも台無しになってしまうのです。 ここでは、甘酒ダイエットの注意点やポイントについても解説していきます。

〇量は1~2杯を目安に!!

f:id:tebukuronosenkusha:20170818132513j:plain

甘酒の量ですが、ダイエットの効果を実感したいのであればコップ1~2杯を目安にするようにしてください。前述のとおり、甘酒のカロリーは同じ重さの白米よりずっと低いですが、それでも飲みすぎてしまったらカロリーオーバーになってしまい、おきかえた意味がありません。

〇「おきかえ」がポイント

あくまで甘酒は「白米の代わりのモノ」として摂取するものです。”普段の食事にプラスして飲めば痩せる”という類のものではないので、注意が必要です。それにより、空腹感を感じて、つい間食してしまったり、普段よりいっぱい食べてしまったり・・・なんてこともあるので、それに関しても自己管理能力が求められます。

まとめ

今回は、あの甘~くて温まる飲み物の「甘酒」を使ったダイエットに関する情報をまとめてみました。甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養豊富な飲み物ですから、白米のかわりに摂取しても栄養バランスに関しては心配することはありません。

ある意味、「体に優しい最強のダイエット」と言ってもいいでしょう。ただ、おいしいからといってついつい飲みすぎてしまった、満足できずに間食してしまった・・・なんてことがないように、しっかりと計画を立てて「どの期間まで、どの食事で甘酒におきかえる」といったことを明確にしておく必要があります。

 ぜひ、参考にしてみてくださいね♪