突然、お腹がキリキリと痛くなる

下痢のときのような腹痛に襲われる

 

これは、誰もが経験したことがあるイヤ~な感じですよね?

私自身、お腹はあまり強くないので、

冷や汗をかきながらトイレに駆け込んだことが何度もあります。

 

そんな時、トイレに駆け込んだのになかなか便が出ず、ただただ腹痛だけに悩まされる

・・・そんな悩みを抱えていらっしゃる方は多いかもしれませんね。

「早く出てくれよ~!!」

「苦しい・・・」

”便秘なのに下痢”のような症状って、お腹がすごく痛んですごく辛いですよね?

 

実はこれ「しぶり腹」という症状名だそうなんです。

下痢対策に『黒梅日和』


今回は、そんな下痢なのに便が出ない

「しぶり腹」

についてと、それの対処法を調べてみたので紹介していきます。

下痢なのに出ないのはなぜ?

私の場合「便がかたい」ためか、とにかく最初は便が出にくく、

そのためにお腹が圧迫され、ギュルギュル鳴っているような状態になっています。

かたい便が出始めると、すぐにお腹がゆるい便が出るようになり、

たまっていたものが出て、しぶり腹の症状も改善します。

 

しかし、人によってはトイレに入って頑張っても

なかなか出すことができず、

スッキリしないままトイレから出ると、

再び下痢の痛みに襲われてしまい、トイレに駆け込む

・・・なんて辛い症状に悩まされることもあるそうです。

 

こういったしぶり腹や、急な腹痛に襲われるの原因として

以下のようなものが挙げられます。

 

1、自律神経の乱れ

「ストレスを感じると便が緩くなる」とか「プレゼンの前はお腹が痛くなる」

といった話はよく耳にしますが、これはひとえに

”自律神経と胃腸は連動している”

ことにあります。

 

自律神経が乱れる原因としては

・睡眠不足

・不規則な生活リズム

・ストレス

などが挙げられます。

特に、現代人は知らぬ間に「睡眠不足」に陥っている可能性が高く、

それが原因で様々な不調をきたすと考えられています。

 

胃腸がうまく働かないのは、

「自律神経が乱れていること」

も関係しているのだと考えられます。

 

2.過敏性腸症候群かも!?

最近よく耳にするようになった「過敏性腸症候群」。

”電車で次の駅に行くたびに降りてトイレに駆け込まなくてはならない”

くらい頻繁に腹痛に悩まされてしまうことから

「各駅停車症候群」

なんて異名も持っています。

過敏性腸症候群の治し方 突然の下痢に襲われるあなたへ

 

度重なる下痢や腹痛に悩まされているのであれば

「過敏性腸症候群」

である可能性がありますから、そのための治療が必要になってきます。

 

3.腸内にたまったガス

腸内にたまったガスも、しぶり腹の原因となります。

 

食べたものは消化され、便となって腸にたまりますが

それがガスを放つようになり、腸を刺激することによって

腹痛が引き起こされるケースも非常に多いと言われています。

腸内環境を整えるためにも、やはり普段の食生活や、運動といった

「当たり前だけど非常に重要なこと」

を行っていく必要がありそうですね。

下痢対策に『黒梅日和』



まあ、普段から生活習慣・食事に気を遣っていても

こういったしぶり腹の症状が出てしまったり、

一時的に胃腸の様子がおかしくなったりすることは

誰にでもあることだと思います。

しかし、社会生活を営んでいたり、仕事をしたりしていると、

そう簡単にトイレに駆け込むことができないこともありますし

何よりそういった日常生活にまで支障が出てしまいますから困ったものです。

 

では、そういった「出したいのに出せない」という

辛い症状が出てしまったら、どのようにすればいいのでしょうか?

即効の対処法とは?

・お腹のマッサージ

便がなかなか出ない時に有効だとされているのが

お腹のマッサージ

です。

これは、おへそから下腹部にかけて

ゆっくり「の」の字を描くように手のひらでさすってあげる

マッサージです。

 

うまく排便できない時や、「なかなか出せない」なんて時は、

お腹をやさしくさすってあげると、うまく出せるかもしれませんよ。

・水分を摂取する

よく、便秘になった時に有効だとされているのが「水分補給」ですが、

しぶり腹にもこういった方法は有効だとされています。

特に、温かい飲み物などを飲むことで、便をやわらかくしたり、

たまったガスを水に溶かす・外へ出したりすることが可能です。

 

それによって、しぶり腹の症状も改善すると言われています。


※余談ですが・・・

 

「キュルキュル痛んでいるのに出ない」

と悩んでいるときは、あくまで対症療法かもしれませんが、

水をたくさん飲んで便を出す・・・という方法もあります。

 

(これは、医学的には何の根拠もないですが)

私はこれを勝手に「ロケット鉛筆式排便法」なんて名付けています。

 

あくまで私個人の体感ですが、

”出ない時に食べたり、飲んだりするとすんなり出ることがある”

のです。

 

もちろん、酷い便秘・下痢の時にはやるべきではないですが、

「出したいのに出せない」とか「ちょっと便秘気味」って時に

水分補給などを行うと割と症状が良くなることがあります。

 

あくまで参考程度に・・・


 

ただ、これらの対処法が必ずしも「しぶり腹」に効果があるとは言い切れません。

また、そういったお腹の不調が続く場合は、

もしかすると重大な病気である可能性もあります。

 

ですから、「ずっとお腹が痛い」とか

「お腹がギュルギュル鳴っている」といった症状に

ずっと悩まされているのであれば、消化器科を受診するのをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

今回は私自身もよく苦しめられる、下痢なのに出ない

「しぶり腹」

の原因や対処法について紹介してきました。

 

”出したいのに出せない”って気持ち悪いですし、本当に辛いですよね?

私自身、そういった苦しい症状に何度も悩まされてきました。

 

誰にでもなり得る症状だと思いますから、

普段からの健康的な生活を心がけるのはもちろん、

胃腸の調子を良くするための工夫や、

万が一症状が出てしまった時の対処法などを

しっかりと知っておく必要があると思います。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

 

下痢対策に『黒梅日和』